surgerycataract surgery日帰り白内障手術について

痛みのないやさしく安全で丁寧な手術痛みのないやさしく安全で丁寧な手術

白内障とは眼内にある水晶体(レンズの役割をする組織)が白くにごり、視力が低下した状態です。この濁った水晶体を新しい人工レンズととりかえるのが白内障手術の目的です。水晶体自体には痛みを感じる神経が無いため、手術は痛みをほとんど感じません。傷口も2-3mm程度と極めて小さく、体への負担も少ない手術となっております。

無料手術説明会のお知らせ無料手術説明会のお知らせ

毎週金曜日14:30から30分程度で開催しております。白内障手術をお考えの方はぜひご参加ください。ご希望の方はスタッフにお申し付け頂くか、お電話やお問い合わせフォームからでもご予約が可能です。

お問い合わせContact

当院では白内障手術、硝子体手術ともに手術予約日から1ヶ月前後でご案内できます。当院では白内障手術、硝子体手術ともに手術予約日から1ヶ月前後でご案内できます。

※特にお急ぎの方や、遅めをご希望の方にも対応できますので、ご相談ください。

手術は日帰りで、痛みはほとんどありません。

症例にもよりますが、一般的な白内障手術は約10分程度で終わります。術後はリカバリールームでお休みいただいた後、体調に変化などが無いのを確認し、ご帰宅頂きます。

ご年配の方や、体調に不安のある方など、入院をご希望の方は近隣提携病院をご紹介いたします。 また、遠方からお越しで宿泊のみをご希望の方は、提携ホテルの宿泊予約を代行させていただきます。

一例、一例、心をこめて丁寧に手術を行います。

現在まで数多くの手術を執刀してまいりましたが、患者さまにとっての白内障手術は一生に一度のご経験です。この経験を素晴らしいものにするために、一例、一例、心をこめて丁寧な手術を心がけます。

万が一の合併症にもその場で対応できます。

白内障手術中に起こる合併症の中に、残すはずの水晶体の袋が破れてしまい、濁りが眼内に落ち込んでしまう「核落下」という状態があります。この「核落下」は非常に頻度は低いものの、誰でもどんな時でも起こる可能性があり、対処方法は硝子体手術しかありません。当院では最新の硝子体手術機器も整備しており、硝子体手術経験の豊富な術者が執刀致しますので、万一の合併症にもその場で対応できます。

TOP