surgeryabout lens多焦点眼内レンズの種類と特徴

01当院で採用しているレンズの種類と特徴

現在国内で使用できる多焦点レンズは、その種類の増加に伴い、どれを選べばいいかわかりにくい状況です。当院では海外での実績や、学会などでの評価を踏まえ、院長自身がお勧めできるレンズを厳選し、採用しております。それぞれに長所、短所がありますので、わかりにくい場合は遠慮なくお尋ねください。皆様にご満足頂くためには、手術前のしっかりとした理解が欠かせません。現時点では以下の4種類のレンズを推奨いたします。

近方視力重視

  • スタンダードタイプ

    近方遠方

    2重焦点レンズ

    読書が好きな方にお勧めの、最もスタンダードな2重焦点レンズ。

    近方視力に強い

    全体的な見え方の質が劣る

    テクニス・マルチフォーカルテクニス・マルチフォーカル

    テクニス・
    マルチフォーカル

  • プレミアムタイプ

    近方中間遠方乱視対応

    3重焦点レンズ

    国内で使用できるレンズの中で、最も焦点の合う場所が多いレンズ。

    遠方〜近方まで
    バランスよく見える

    ハロー、グレアが
    EDOFレンズに劣る

    ファイン・ビジョンファイン・ビジョン

    ファイン・ビジョン

見え方の質重視

  • スタンダードタイプ

    近方中間遠方乱視対応

    EDOFレンズ

    遠方からの中間の見え方に優れ、乱視の強い方にお勧めのレンズ。

    ハローやグレアが軽減

    近方視力がやや弱い

    テクニス・シンフォニーテクニス・シンフォニー

    テクニス・
    シンフォニー

  • プレミアムタイプ

    近方中間遠方乱視対応

    EDOFレンズ

    最近登場した全く新しいコンセプトのレンズ。

    ハローやグレアが
    ほとんどない

    近方視力がやや弱い

    ミニウェル・レディミニウェル・レディ

    ミニウェル・
    レディ

    ミニウェル・レディついて詳しくみる
    詳しくみる
EDOFレンズ
EDOFレンズ

Extended Depth Of Focusレンズ。遠方から中間(1m〜50cm)までが良く見え、従来のレンズよりハロー、グレアなどが少なく、見え方の質が良い。近方(30cm)での見え方はやや弱いが、左右の眼の度数に差を設ける事により、近方も見える場合がある。


02自分に合う眼内レンズを探してみましょう

自分に合う眼内レンズを探してみましょう
自分に合う眼内レンズを探してみましょう

03それぞれのレンズの詳細と費用

近方視力重視

  • スタンダードタイプ

    2重焦点レンズ

    テクニス・マルチフォーカル

    テクニス・マルチフォーカル

    米国AMO社製

    近方中間

    最もスタンダードな2重焦点レンズです。レンズに同心円状の段差を配置し光を分散する事により、良好な近方視力が得られます。ご自身の趣味や職業に合わせて、「近方」の距離を3種類の中から選択できますが、全体的な見え方の質は劣ります。手元の作業が多い方にお勧めです。乱視が矯正できないため、乱視の強い方にはおすすめできません。

    先進医療

    35万円(税抜)

  • プレミアムタイプ

    3重焦点レンズ

    ファイン・ビジョン

    ファイン・ビジョン

    ベルギーPhysIOL社製

    近方中間遠方乱視対応

    2重焦点レンズの弱点である「中間」距離にも光を分配する設計です。アポダイズド回折型と呼ばれる特殊な構造で、ハローやグレアなど光のにじみが少なく、遠方から中間、近方まで途切れる事なくピントが合います。2重焦点レンズより中間視力が向上しており、最もピントがあう位置が多いです。乱視も矯正できるため、乱視が強い方も使用できます。

    自費診療

    40-45万円(税抜)

見え方の質重視

  • スタンダードタイプ

    EDOFレンズ

    テクニス・シンフォニー

    テクニス・シンフォニー

    米国AMO社製

    近方中間遠方乱視対応

    2017年に発売された新しいコンセプトの多焦点レンズです。遠方から中間距離までが自然に見え、従来のテクニス·マルチフォーカルに比べ、近方がやや弱いものの、ハローやグレアなど多焦点レンズの弱点を抑えています。左右の度数に差を設ける方法で、手元もある程度見えます。乱視にも対応しているため、乱視の強い方はこのレンズがお勧めです。

    先進医療

    40-45万円(税抜)

  • プレミアムタイプ

    EDOFレンズ

    ミニウェル・レディ

    ミニウェル・レディ

    イタリアSIFI MedTech社製

    近方中間遠方乱視対応

    遠方から中間の見え方に優れています。表面に段差がないため、ハローやグレアといった多焦点レンズの弱点がほぼないのが最大の特徴です。EDOFレンズであるためやや近方が弱いという弱点がありますが、左右の度数に差を設ける方法で、手元もある程度見えます。現在使用できるレンズの中で最も見え方が自然だと言われています。

    自費診療

    45-50万円(税抜)

先進医療と自費診療

  • ・当院では厚労省が認定する先進医療「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の認定施設です。皆さまが加入されている生命保険に「先進医療特約」が付いている場合、先進医療の対象となっているレンズを用いた手術の費用はほぼ全額給付されます。(手術を受けられる前に、保険の担当者に給付額を確認される事をお勧め致します)
  • 先進医療特約に基づいた給付金の支払いは入院が条件となっている場合がございます。当院には入院施設がございませんので、提携病院への1泊入院をお勧め致します。
  • ・「先進医療」対象レンズの価格は手術費用のみの表示となっております。なお、術前後の検査、診察、点眼薬などの諸費用は健康保険がご利用いただけます。
  • ・自費診療の代金には術前検査から術後6ヶ月までの定期検査、点眼薬、保護眼鏡などが全て含まれます。
先進医療についてもっと詳しくMore

お支払いについて

  • ・現金支払い、クレジットカードがご利用頂けます。現金でのお支払いの場合、手術当日にお支払い下さい。
  • Lentis®MplusX
  • プレミアムレンズは海外からの直輸入となり、レンズの取り寄せに時間がかかるため、手術予約から手術まで2ヶ月程度かかります。また、手術費用の中から、レンズ費用分だけを前もってお支払い頂きます。(特注レンズにつき、万一手術をキャンセルされた場合は返金致しかねますので、悪しからずご了承下さい。)

各種生命保険等の申請について

  • ・任意で加入されている生命、医療保険にて手術給付金の扱いになっている場合があります。保険会社や契約内容でそれぞれ異なりますので当院での確認は致しかねます。ご自身にてご契約の保険会社にお問い合わせをお願いします。
  • ・手術給付金を請求する場合には、医師の診断書が必要になります。保険会社によっては所定の用紙を準備している事もありますので併せてお尋ね下さい。※当院では、診断書の発行に5,400円が必要となり、発行までに2週間ほどお時間を頂いております。予め御了承下さい。
  • ・医療費控除については地域によって対応が異なる可能性もございます。控除について当院では対応できませんので、お住まいの税務署にお尋ね下さい。お支払い時に領収書を発行しておりますので、確定申告の際にご利用下さい。
TOP