surgerycataract surgery日帰り白内障手術について

02白内障手術について

[ 術式 ]

黒目のふちをわずか2㎜程度切開し眼内に入り、水晶体を包む袋を円形にくりぬきます。その穴から水晶体本体の濁りを超音波の機械で砕きながら吸引除去します。わざと残した袋の中に新しい眼内レンズを挿入し、手術を終了します。(ほとんどの方がこの術式で終了しますが、手術の難易度に応じて変更する事があります。)

手術方法

手術方法

01.角膜を約2.4mm切開します。

手術方法

02.水晶体の前の膜を直径約5mmの円形状に取ります。

手術方法

03.超音波白内障乳化吸引装置を用いて水晶体の中身を砕いて吸い出します。

手術方法

04.空になった水晶体内に直径約6mmの眼内レンズを折りたたんで挿入します。

手術方法

05.眼内レンズは眼内レンズを支える脚により水晶体内に固定されます。

[ 麻酔方法 ]

手術は点眼麻酔で行います。水晶体自体には痛みを感じる痛覚がないため、痛みはほとんどありませんのでご安心ください。痛みに特に敏感な方や、手術中に眼球が動いてしまう恐れのある方は注射での麻酔を併用致します。

[ 手術時間 ]

ほとんどの方が10分未満です。難症例の方や、術中に合併症が生じた場合は手術時間が数十分延長されることがあります。


眼内に挿入するレンズは単焦点と多焦点からお選びいただけます。

単焦点レンズピントがあう箇所が1ヶ所

多焦点レンズピントがあう箇所が2ヶ所以上

当院は先進医療の実施医療機関として厚労省から認定を受けております。ご自身が加入されている医療保険に「先進医療特約」があれば、多焦点レンズの手術費用が全額戻ってくる場合がございます。詳しくは加入されている保険会社にお問い合わせください。

単焦点レンズと多焦点レンズについてMore

手術の効果と限界

ほとんどの方が手術によって視力が上がったり、明るさを取り戻したと仰られます。視力の回復は早い方で翌日~一週間程度、難症例の方は回復が遅い傾向にあります。

・視力の回復には個人差があります。・手術後もピントを合わせる距離に応じて眼鏡が必要です。

TOP