手術機器

  • 眼科手術顕微鏡 CARL ZEISS OPMI LUMERA 700

    硝子体白内障手術機器 Alcon社
    コンステレーション®ビジョンシステム

    日本中の硝子体術者の信頼を得ている最新の硝子体手術機械です。硝子体手術はもちろん、難症例白内障手術時にもこのマシンがあれば、合併症にその場で対応できます。

  • 眼科手術顕微鏡 CARL ZEISS OPMI LUMERA 700

    眼科手術顕微鏡
    Carl Zeiss OPMI Lumera 700

    高松市では当院が初めての導入となるドイツZEISS社の最新顕微鏡です。過去の顕微鏡とは見え方が圧倒的に違い、すべての手術をより安全に行えます。見え方の差はそのまま安全性の差につながります。

  • 眼科手術顕微鏡 CARL ZEISS OPMI LUMERA 700

    白内障手術機器 Alcon社
    インフィニティ®ビジョンシステム

    超音波発振方法の違いにより従来より格段に手術効率が改善しました。また、ぺリスタルティックポンプの採用により、手術中の前房安定性が確保され、安全性の高い手術が可能となっています。

  • 眼科手術顕微鏡 CARL ZEISS OPMI LUMERA 700

    白内障手術機械 BAUSCH&LOMB社
    ステラリス®

    「ステーブルチャンバーチューブ」という内径1.0㎜の極細吸引チューブにより、手術の安定性が飛躍的に改善されています。 従来当院で使用していた手術機械(Alcon社インフィニティ®)とはポンプの種類が異なっており、よりパワフルに、より操作に対する反応が良くなっています。超音波の発振方法も異なっており、一長一短ではありますが、総合的にはより早く、安全な手術が可能となっています。

  • 眼科手術顕微鏡 CARL ZEISS OPMI LUMERA 700

    眼科専用手術
    TAKARA BELMONT社MEPRO Ⅳ(メプロ4)

    眼科手術医からの信頼が厚いTAKARA BELMONT社の手術用台MEPROシリーズの最新機となります。MEPRO3よりも座面や頭位置の調整がより細かく行え、手術中の患者様の負担を軽減できます。

明室検査機器

  • 非接触眼圧計 NIDEK社 NT-530

    前眼部OCT TOMEY社
    CASIA2

    当院では前眼部専用のOCT(光干渉断層計)を導入しております。角膜から水晶体までを立体的に撮影し、断層画像を得ることが可能です。眼に直接触れることなく、視力に影響のある角膜の形を精密に測定したり、緑内障に関連の深い隅角の状態を観察できます。また、オルソケラトロジーや円錐角膜、多焦点眼内レンズの手術前後の検査に威力を発揮します。 (保険のきかない先進医療機器となります。検査料1000円を別途お支払頂きます。)

  • 非接触眼圧計 NIDEK社 NT-530

    非接触眼圧計 NIDEK社
    NT-530

    当院では非接触眼圧計による眼圧検査を行っております。 眼圧検査は、緑内障の早期発見のための検査になります。眼球内は、水のような液体(房水)が循環して眼圧を一定に保っています。房水の循環が阻害されるため眼圧が上昇することが、緑内障の原因のひとつと言われています。

  • 非接触眼圧計 NIDEK社 NT-530

    角膜屈折検査装置 NIDEK社
    ARK-1a

    当院では眼の屈折度、角膜曲率半径を測定するために高精度の検査装置を導入しております。白内障などの疾病で測定が困難であった屈折度データが得られやすくなりました。また、老視が気になる方に、現在の調節力(ピントを合わせる力)を測定することができます。

  • 非接触眼圧計 NIDEK社 NT-530

    内皮細胞撮影装置 NIDEK社
    CEM-530

    当院では角膜内皮細胞撮影装置を導入しております。 角膜内皮細胞撮影装置は角膜内皮細胞の形状、数、角膜厚を測定します。角膜中心を自動追尾するため、簡単に短時間で検査が出来ます。 新しい検査機器の導入により、患者様により質の良い診療をご提供できるようになりました。

  • 非接触眼圧計 NIDEK社 NT-530

    光干渉式眼軸長測定装置 NIDEK社
    AL-Scan

    当院では光干渉式眼軸長測定装置を導入しております。非接触の眼軸長測定は直接眼に触れないので、不快感や痛みなく検査時間も短時間で測定できます。(疾患により全ての患者様には適用出来ない場合があり、接触の検査が必要な場合もあります) 新しい検査機器の導入により、患者様に検査時間の短縮や精神的な負担が軽減されればと考えています。

  • 非接触眼圧計 NIDEK社 NT-530

    超音波Bモード装置 NIDEK社
    US-4000

    当院では最新式の超音波検査機器を導入しております。以前のものにくらべて小型化されているため、診察室で患者様をお待たせする事なく、その場で検査を受けられます。

  • 非接触眼圧計 NIDEK社 NT-530

    視力検査装置 NIDEK社
    SSC-370D

    当院では省スペース対応の視力検査装置を導入しております。従来5mの設置距離を必要としていましたが、0.9mで視力検査が可能になりました。多彩なチャート表示で、様々な視機能検査も行うことが可能です。

  • 非接触眼圧計 NIDEK社 NT-530

    両眼視簡易検査機器
    ワック D-5000 AUTO

    当院は両眼視簡易検査器を導入しております。のぞくだけで目の緊張を緩和させることができます。子供の近視や大人の眼精疲労の方などでご希望のある方に使用します。

レーザー機器

  • YAGレーザー装置 NIDEK社 YC-1800

    レーザー光凝固装置 NIDEK社
    MC-500vixi

    当院はレーザー光凝固装置を導入しております。レーザーを使用した光凝固法は、糖尿病性網膜症、網膜出血、網膜剥離、中心性網膜炎など、主に眼底疾患に対する治療に使用されています。→当院のレーザーがパターンスキャン化されました。詳しくはこちら

  • YAGレーザー装置 NIDEK社 YC-1800

    YAGレーザー装置 NIDEK社
    YC-1800

    当院はYAGレーザー手術装置を導入しております。YAGレーザー手術装置は、後発白内障、閉塞隅角緑内障に対する虹彩切開などの治療に使用されています。非観血的に手術が行えるので、患者様への負担が軽く、回復も早いことから、治療法として広く使用されています。

暗室検査機器

  • 眼底カメラ KOWA社 VX-20

    光干渉断層計 Carl Zeiss社
    シラスHD-OCT

    当院は光干渉断層計を導入しております。高画質で高解像度の網膜の断層画像を得ることが可能です。糖尿病網膜症や加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症などの網膜疾患を詳細に撮影・解析することができる装置です。近年緑内障の視神経乳頭の評価にも利用されています。

  • 眼底カメラ KOWA社 VX-20

    眼底カメラ Kowa社
    VX-20

    当院は眼底カメラを導入しております。 血管の状態を直接観察できる唯一の場所が眼底になります。眼底からは眼の病気だけでなく、血管の状態から多くの病気を発見することができます。 眼底カメラは約2,400万画素・解像度の高い画像を撮影できます。VX20αになります。撮影した画像は診察室の液晶モニターで見ることができ、この画像を患者様に見ていただくことで、わかりやすくご説明することができます。

  • 眼底カメラ KOWA社 VX-20

    静的視野計 ハンフリー視野計 Carl Zeiss社
    HFA700シリーズ

    当院は静的視野計を導入しております。緑内障や視神経疾患などの視野の変化を詳細に調べ、解析することが可能です。緑内障診断には欠かせない静的視野を測定する世界的にスタンダードな装置を導入しております。

  • 眼底カメラ KOWA社 VX-20

    動的視野計 ゴールドマン視野計 イナミ社
    MPT-700P-K

    当院は動的視野検査計を導入しております。緑内障や脳梗塞、視神経疾患などに対して動的に視野を測定する装置です。 当院では国家資格をもった視能訓練士がクオリティの高い視野検査を実施しております。

電子カルテ

当院ではビーライン社の電子カルテMediUSを導入しております。院内のネットワークを通じてあらゆる検査機器と端末がつながっており、患者様の検査データは瞬時に診察室に送られます。また、診察終了後も診療内容が受付の端末と共有されているため、受付から会計までが非常にスムーズです。

TOP