surgeryvitreous surgery日帰り硝子体手術について

04手術予約から手術までの流れ

硝子体手術自体は日帰りで短時間で終わりますが、手術の予約から実際に手術を受けていただく日までに何度かご来院頂く必要がございます。原則手術予約から手術までは1か月前後でご案内できるような体制を整えております。

手術予約から手術までは
1か月前後でご案内いたします

手術予約
ご来院頂き、
ご予約致します
arrow
術前検査日
火曜日
木曜日
arrow
手術説明日
曜日指定なし
arrow
手術日
月曜日
火曜日
水曜日

手術予約から手術日までの進め方の一例

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

手術予約手術説明日術前検査日手術日

※カレンダーは実際の日付とは関係ありません

01.手術予約事前にご来院頂き、手術予約をお取り致します。

予約
予約
予約
予約

診察室で手術が決まりますと、まず手術日を決定していきます。手術日は月・火・水の午後からとなり、両眼予定される場合は片眼手術日の1週間後の同じ曜日をお勧めしておりますが、ご希望に応じて柔軟に対応致します(両眼手術の場合、高額療養費制度の対象となりやすいように、手術日は同月内に予定される事をお勧めしております)。その後、手術クラークとともに術前検査日手術説明日を決め、手術に関するヒアリングシートについてご説明させて頂きます。

  • ・初診の方で手術予約をご希望の方は院長診察のある日時にご来院ください。診察医スケジュールを見る
  • ・初診の方は診察から手術予約をとってお帰りいただくまでに、目安として1時間30分~2時間ほどかかります。あらかじめ時間に余裕をもってご来院ください。
  • ・ヒアリングシートは、手術を受けるにあたって必要な情報を前もってご自宅で記入いただくものです。できるだけ正確にご記入いただき、次回の術前検査日に持参してください。
  • ・一旦お受けした手術予約の変更は、手術日だけでなく術前検査日や手術説明会の参加日など複数の来院日が全て変更となるため、ご面倒でも来院頂いた上でのみ承っております。
  • ・術前検査には瞳を広げる検査が含まれ、説明内容を確認できにくくなるため、術前検査日に同時に手術説明を行うことはできません。(緊急手術の場合を除く)
  • ・高額療養費制度とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額を超えた分があとで払い戻される制度です。同月内に両眼の手術を行った方が医療費が安くなるケースが多くなります。

02.術前検査日最新の検査機器で眼球全体を精査致します。

術前検査術前検査

術前検査は毎週火曜日と木曜日に行っており、手術日のおよそ3〜4週間前に行います。検査内容は、瞳を広げる散瞳検査や採血など全部で5-6項目あり、来院から会計までおよそ1時間半ほどかかります。白内障手術を同時に予定されている場合(50歳以上の方は白内障手術の併用をお勧めしております)は、術前検査日に医師と一緒に術後の焦点距離(遠く、近く、遠近両用など)を決定いたしますので、この日までに手術予約の際にお渡ししたヒアリングシートの内容をよく読んで、術後の焦点距離をどこに合わせたいかの心づもりをしておきましょう。

  • ・術前検査日は瞳を広げる検査がございます。検査後4-5時間はピントが合いづらくなり、見えにくくなります。自動車などを運転しての来院はお控えください。
  • ・術前検査日は原則火曜日、木曜日となりますが、どうしてもご都合の悪い場合は、予約状況により他の曜日で予定する事も可能です。
  • ・術後の焦点距離は、単焦点レンズの場合は遠方か近方のどちらかから選択していただきます。硝子体手術併用白内障手術の際は多焦点レンズは選択できません。
  • ・提携病院への入院を希望される方は術前検査日の際にお知らせください。空きベッドの状況によって手術日が変更となることがございます。

03.手術説明日手術について個別で詳しくご説明いたします。

説明会説明会

手術日の前の週に、看護師から手術前後の注意点などについて、医師からは手術内容について、全部で30分程度ご説明させて頂きます。手術説明に際してはできるだけご家族様の同席をお勧めしております。

  • ・網膜剥離など緊急性の高い手術の場合は術前検査と手術説明を同日に行うことがあります。
  • ・手術説明日には同意書などにサインを頂きますので、散瞳を要する術前検査日とはあえて別の日に設定しております。
術前の確認事項More

04.手術日スタッフが万全の体制でお迎えいたします。

手術日
手術日
手術日
手術日

手術は月・火・水の午後12:30から執刀開始となります。曜日によって1日に10~20例程度の方が手術を受けられ、患者様によって執刀開始時間が異なります。ご自身の執刀開始時刻の45分前に来院いただき、受付をした後、二階のリカバリールームへご案内いたします。手術までの間に麻酔や瞳を広げる点眼を行いながら、手術の際の注意点などをタブレット型PCでご覧いただきます。順番が来ましたら手術室の前の椅子にご移動いただき、心拍計端子を取り付けたりする最終準備に入ります。

  • ・手術の順番によって来院いただく時間が異なります。受付から会計までの院内滞在時間はおおよそ1時間半から2時間程度となります。
  • ・ご家族様は二階ホールでお待ちいただけます。お飲み物をご用意しておりますのでご自由にお召し上がりください。
  • ・手術当日、翌日は自動車などの運転はできません。公共の交通機関をご利用いただくか、お付き添いの方に送迎して頂くようお願いいたします。
  • ・硝子体手術は術後にうつむき姿勢が必要となることがあり、当日、翌日は付き添いの方が必ず必要となります。

05.手術室できるだけ痛くないように、合併症をおこさないように

手術
手術
手術
手術

硝子体手術は白目の部分に切れ目をいれ、眼球の奥に麻酔薬を注入するテノン嚢下麻酔で行います。とがった針を刺すわけではなく、麻酔自体にはほとんど痛みはありません。手術時間は20-30分程度で終了します。術後うつむきが必要となった場合にはご自宅でうつむき姿勢を保っていただきます。うつむき姿勢用の枕などは当院からお貸出し致します。

  • ・硝子体手術は点滴下で行いますのでリカバリールームで点滴を取ります。

手術終了スタッフ全員で皆様の視力回復をサポート致します。

手術終了手術終了

手術予約から手術当日、手術後まで、できるだけ安全に、快適に、お待たせする事なく手術を受けていただけるように、開院以来何度も何度もスタッフ全員で改善を繰返してまいりました。当院で手術を受けて良かったと言っていただけるよう、これからも更なる改善を続けてまいります。

TOP